アパート建築にあたって

資産運用や相続対策、老後の固定収入などのため、アパート建築は有効な手段です。
実際にアパートを建てたいと考えたとき、どのようなスケジュールで工事や支払いをしていくのか、具体的にイメージしておくことが大切です。
事前に不明点や不安な点を洗い出しておくことで、スムーズに話を進めることができます。

まず誰もが心配なのがアパート建築にかかる費用でしょう。
一戸建てに比べて設備も多く面積も広いため、価格はどうしても高くなってしまいます。
ほとんどの方がローンを利用しますが、建築会社からは、最初に契約金として全体の建築費用の10パーセント程度の支払いを求められることが多いです。
頭金としての現金は必要になるでしょう。
初期費用がいくらかかるかは事前に確認し、無理のないプランにする必要があります。

ローンを組むための審査や手続き、将来的なキャッシュフローなどは、建築を依頼するハウスメーカーや、アパートの管理を任せる不動産会社で相談に乗ってもらえることがあります。
完成後に入居者から入ってくる家賃収入も返済に充てることができるため、アパートの収支計画と合わせて詳しい説明をしてもらいましょう。
土地の環境や希望に合わせて間取りや家賃設定を相談できます。

建築にかかる費用や支払い方法、工期や入居者の募集など、アパート建築にあたって決めなければならないことはたくさんあります。
その時になってあわてることのないよう、建築と経営までの流れを知っておきましょう。



◎特選外部サイト
相続対策や土地活用を目的としたアパート建築の資料請求ができます ⇒⇒⇒ アパート建築 土地活用

Copyright © 2014 アパート建築と経営の流れ All Rights Reserved.